中国での不動産と家探しは日本と違う

サイトマップ

積み木と電卓

初めての一人暮らし、思っていた以上にのしかかる家賃。

家の模型

昨年の春から、都内の専門学校に通っています。
実家から通うと一時間かかるので、
その時間がもったいないと親を説得し、
一人暮らしを始めました。

説得の一つに「家賃は自分でバイトして払う」と約束したのですが、
賃貸がこんなにも重くのしかかるとは…

というのも、まずは授業の入る時間が毎日バラバラで、
午前、午後、夜と、いつも空いている時間が無いため、
バイトがやりにくいのです。
土曜日も入っていて、
土日のみ、というバイトも出来ず、
バイトがなかなか決まらずに参りました。

オール電化の賃貸のため、
すべて電気で、慣れない私は電気代が怖かった。

その上友達との付き合いもあって、
牛丼屋でバイトを始めたのですが、
なかなか貯まらずに、結局親と相談し、
家賃の半分を負担してもらえる事になりました。

友人は親から分譲マンションを買ってもらったと言って、
遊びに行くと3LDK。一人暮らしなのに、どうして?と聞くと、
親がいずれ投資で使うつもりのマンションだから、
1LDKはあまり売れないから、と言っていました。

すごく羨ましかったです。

それでも貧しい一人暮らしもメリットはあるもので、
料理が物凄くうまくなりました。
節約系です。
だんだんお金の使い方にも慣れ、
家賃も自分で全部払えるようになり、
今では思い切って家を出て良かったなと思います。

低予算で条件を満たす物件の選び方

最近引っ越しをしました。一人暮らしを始めて今が3件目のマンションになります。県外の大学に通うため、初めて一人暮らしをする時は、一番治安が気になり、オートロックがついていて、口コミで治安の良い地域を選びました。そうすると、予算内でその条件を満たす物件は必然的に学校から遠くなりました。学校の近くに住む友達が空き巣の被害にあったりしたのを聞くと、やはり治安を優先させて良かったと思いましたが、ただ、学校の行き気は大変で、出かけるにしても交通の便が悪く、スーパーまでの距離は遠いなど、不便さがありました。そこで、次に物件を選ぶ時は、オートロック付きで、駅の近くの物件を探しました。以前と予算は変わりませんでしたが、探した時期が夏から秋にかわるシーズンで、物件の値段が下がる時期だったらしく、以前より新しくて、便利な物件が見つかりました。しかし、その物件は、日当たりが悪く、洗濯物が全然乾きませんでした。そこで、3度目に物件を探す時は、日当たりも重要視して探しました。そして、3度目に探した地域は、比較的安全な場所であると判断したので、初めてオートロックを条件から外すと、同じ予算で、以前より広くておしゃれな条件の良い部屋が見つかりました。そこで、オートロックをつけるだけでかなり家賃が高くなっていたことに気がつきました。都会や治安が気になる地域に住む場合は、オートロック付きの物件が良いとは思いますが、低予算で、より良い条件の物件を探す場合は、一度オートロックなしで物件を探していこうと今回の家探しで思いました。オートロック付きでも、きちんと機能していない物件もあったりするので、それならば、人通りや、近くに交番のあるようなオートロックなしの物件を選び、安全を確保した上で、他の条件を満たせる家が見つけると、お得だと思います。

人気のサイト紹介

POST LIST

2017/09/28
11年目のお引越しを更新しました。
2017/09/28
最近の不動産事情を更新しました。
2017/09/28
ローンが払えなくなりましたを更新しました。
2017/09/28
価値あるマンションの選び方を更新しました。
2017/09/28
中国で賃貸住宅を探すを更新しました。
TOP